MENU

世界23ヵ国で展開するフィンランド発フードデリバリー「Wolt(ウォルト)」東京で開始


フードデリバリー事業の「Wolt(ウォルト)」を展開するウォルトジャパンが10月22より東京でサービス提供を開始ししました。

日本では、「UberEats」や「出前館」がすごい勢いで拡大していますが、ここに「Wolt」が参戦してくることでデリバリー需要の拡大は間違いありません。

そのWoltは2014年にフィンランドで創業し、現在23ヵ国でサービス展開をしていて、今後は日本市場へ100億円の初期投資を行い2年間で日本100都市でのサービス展開を目指しているそうです。


Woltの特徴は、配達パートナーの交通安全ルールなどを含む適正テストを実施していたりお店がお客様へアプローチできる「thank you!カード」を提供、質の高いサービスを追求しているようです。

現在ではUberEatsの交通ルールの問題や、出前館の先行投資による巨額赤字とありますが、Woltの参入により更なる激化していく中で今後の展開を注目したいと思います。


ワンデリーでは、基本的に自社デリバリーをする店舗様の力になりたいと考えています。
3社のデリバリー代行業者に登録しながら、見込みが見えてきて自社配送してみたい、と思った際には是非力になりたいと思います。


まだまだ飲食事業の苦悩はありますが、一緒に乗り越えていきましょう。

公開日:2020年10月29日