045-530-4545

MENU

デリバリーバイクレンタル業者って他にもある!?

デリバリーバイクのレンタルをしている企業を検索してみると、都内にも数社あることがわかったので、それぞれ特徴も含めてここでご紹介したいと思います。

まずは、
【帝都産業株式会社】
東京都八王子市の会社で事業内容はデリバリーバイクレンタル、新車、中古車の販売だけでなく電動自転車、軽バンまで幅広くレンタルしているようです。
その他にも宅配注文システム「デリシャス」を開発し、月額/13,000円でサービス提供しています。

ジャイロキャノピーのレンタル費用は月額/33,000円税込み+BOX別となっていて契約単位は1ヶ月です。
料金にはフルメンテナンス費、自賠責、任意保険が含まれています。
レンタル事業の開業日は分りませんでしたが、会社は創業70年を超える企業で有りサービスも充実しています。

http://www.teito-co.com/index.html




【FPバイクレンタル】
東京都品川区の会社で事業内容はデリバリーバイクレンタル、新車、中古車の販売となっています。
車両の種類は50cc原付のヤマハ2輪タイプ(屋根付、屋根なし)3輪タイプも屋根付、屋根なしのタイプ計5種類のラインナップがホームページに掲載されています。

ジャイロキャノピーのレンタル費用は月額/27,500円税込み+BOX別となっていて契約単位はこちらも1ヶ月です。
料金にはこちらも、メンテナンス、自賠責、任意保険も含まれています。
特徴としては、料金が比較的安いです。

https://mcfootprint-l.com/


【JDS(株式会社ドッグファイトレーシング・ジャパンデリバリーサービス)】
千葉県松戸市の会社で事業内容は上記2社同様でデリバリーバイクと電動自転車のレンタルと販売を行なっているようです。

ジャイロキャノピーのレンタル費用は月額/28,600円税込み+BOX別となっていて契約単位は1ヶ月ですが、長期36ヶ月契約になると26,400円税込みと安く設定しています。

特徴としてはJAFとの連携で24時間ロードサービスや故障時の代車の無料サービス、大口の貸出可能とサービスも充実していて幅広く対応しているようです。

https://j-delivery.com/


3社ご紹介いたしましたが、どこも全部コミコミのパッケージでサービス的には似ているが料金には多少バラつきがあるようです。
また、HP上に記載はないですが初期費用も会社により差があるようです。


【ワンデリー】
当店では、ジャイロキャノピーの費用は月額/24,750円税込みBOX付+任意保険となっているので価格的には一番安くなっていますが、アイテムのラインナップや対応エリアなどが小さいことがデメリットでもあります。
エリア内であればお得にレンタル出来るメリットとも言えるでしょう。

初期費用は1~2ヶ月分の前レンタル料のみです。(指定場所までの輸送は別途6,000円~)


https://tot-onedeli.com/service/



コロナ渦で飲食店向けにデリバリーバイクのレンタルを開始した当店は、バイクのレンタルのみならず、消費者を送客出来るように受付注文サイトやSNS代行なども提供しており、他に負けないサービスもありますが、今回紹介した3社を改めて比較させてもらうと、まだまだ当店のサービスは劣っていることがあり価格だけではなく更なる向上が必要だと感じました。



本日、2021年2/27現在コロナウィルスの新規感染者は減ってきているものの都心では下げ止まりが続きまだまだ油断できる状況ではありません。
飲食店の時短要請はいつまで続くかハッキリしていなく、ツラい方針に従うほかありませんが、今後も飲食店を裏方から支えられるサービスを提供していきたいと思います。




追記:
この記事の内容は、弊社が以下3社様のホームページの内容を元にまとめています。表記順番は順不同で主にジャイロキャノピーの月額料金をベースに比較した内容となっています。
表記、内容の間違いやご指摘がありましたらお手数ですが弊社お問合せ窓口よりご連絡頂けますようお願い申上げます。

公開日:2021年02月27日