MENU

コロナ禍における飲食店の来店件数推移

飲食店・レストラン向け予約顧客管理システム利用者満足度No1.のTablecheck社が興味あるデータを集計していたのでご紹介します。
※2021年1月19日現在、テーブルチェック調べ




東京都など1都3県で緊急事態宣言が発出された1月8日以降、1店舗当たりの平均来店人数が前年同期比60.4%減と大きく減少。
しかし、第1回目の緊急事態宣言期間(2020年4月16日~5月25日)の来店人数と比較すると、約3.6倍になっていることが分かりました。



<1店舗当たりの平均来店人数>
◆2020年4月16日~5月25日:6.0人
◆2021年1月8日~1月11日 :21.4人(前回比3.6倍


飲食店の倒産件数が過去最多となり、事態は深刻です。飲食業界からは、一日も早い事態の収束と通常営業の再開を望む声があがっています。


この状態から一都三県の緊急事態宣言が2月7日に解除されるのでしょうか?

その他には1月の来店人数、大幅減少。キャンセル率も?
1月の平均キャンセル率は、17日時点で27.7%となり1回目の緊急事態宣言期間中の2020年5月の同数値23.9%を上回る高水準が続いています。

数字からも見えてくるように、店内飲食の数字は軒並み厳しい状況です。
一部抜粋引用でご紹介しましたが、原文にはもっと詳しいデータも御座います。

是非チェックしてみてください。



【引用元:Table check】
https://www.tablecheck.com/ja/blog/covid-19-impact-to-japan-restaurants-blog5/



【飲食店向けデリバリーバイクレンタルのワンデリー】
サブスク型のバイクレンタル月/18,150円から始められます!
「デリバリーをはじめてみませんか?」

税金・自賠責保険・メンテンスも全てコミコミ!

ワンデリーの魅力はもう1つ!
注文システムも追加料金なしで簡単に作成出来ちゃいます。

是非ご相談下さい。
https://tot-onedeli.com/  TEL:045-530-4545


公開日:2021年01月19日